施設へ引っ越し後の残置物の撤去のご依頼

便利屋七道の松本です。本日は札幌市豊平区にて引越し後の残置物の撤去(不用品の処分)です。今月に入り家財道具全て撤去などの大きな案件の問い合わせが増えております。

すでに二月の後半。今後は四月の頭にかけて〝引越しシーズン〟に突入します。引越しする際はいらないものは捨てたり、逆に必要なものはだけを持って行って、残りは全て処分する!という人が多いのではないでしょうか?学生さん達ならば、新たに大学生活に向け、実家を出る。そうすると実家の部屋のゴミを処分してほしいという依頼が舞い込んできます。また、就職活動を終え、四月から社会人として働き始める人たちも、職場に合わせて引越しをしますが、その際に身軽にしてみな引越します。

引越しのシーズンは不用品処分屋さんは大忙しのかきいれ時で、企業によっては一時的に増員。トラックの増加。そして何より費用を通常料金より割り増しにするところも増えます。この割り増し料金にならないように、この二月という早い段階で行動を移す人が近年は増えています。忙しいことは良いことです。

※弊社では繁忙期に伴い通常よりも高い費用を請求するということは一切致しません。足元を見るようなことは致しませんので、お気軽にお問い合わせくださればと思います


今回の引っ越しは家主様が施設へ引っ越しをするために必要なものだけを新居に移し、残りの家財道具は全て処分となりました。弊社では基本的にゴミ・不用品はパッカー車を手配して処分していただくという方法をとっていますので、作業の大半は外への搬出作業がメインとなります


費用はいくら??

不用品の片付けに関して費用の算出は見積もりが必須となります。よく他社さんのホームページには1K○○円・1LDK○○円・4LDK○○円などという表記をすることが多いですが、部屋の大きさではゴミの量は予想つきません(大雑把にはわかるかもしれませんが・・・)

弊社では部屋の大きさではなく現物を確認し、主に不用品の物量で計算します。おおよそ1㎥(1m×1m×1mの立方体)あたり6~8000円ほどの費用が掛かります。値段に幅をいただいているのは物によって金額が変動するためです。例えばタイヤ・バッテリー・金庫などの重量物などは別途費用が掛かります。

以下の物は別途費用が掛かりますのでお確かめください

  • 家電4品目(冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、エアコン、テレビ)
  • 家庭用パソコン(3Rメーカー製のもの)
  • オートバイ、自動車、タイヤ、バッテリー
  • 廃油、塗料の入ったままの容器
  • 消火器
  • ホームタンク、ドラム缶、プロパンガスボンベ
  • ピアノ
  • 農薬などの化学薬品
  • 注射針
  • 家庭用耐火金庫
  • 最大の辺または径が2mを超えるもの
  • 体積が2㎥を超えるもの
  • 重量が100kgを超えるもの

リサイクル家電も金額が割り増しとなります。例えば 冷蔵庫・洗濯機・テレビ・エアコン・乾燥機 は家電リサイクル法にのっとった処分方法をいたしますので、費用が割り増しとなります。

→家電リサイクル法とは??

お安くする方法とは??

ゴミの処分でどうしてもネックとなるのが費用。少しでも安く済ませるにはどうしたらよいか?それはいくつか方法があるのですが、その代表的なの搬出しやすくしておくことです。例えば自宅の2階にあるものを玄関まで出しておく。バラバラの物を袋詰めしておく。要るものと要らないものを分けておく。搬出「邪魔になる家具などをよけておくなどをしてもらうと、減額対象となります。見積もりの際にゴミの量が重要となりますが、作業にかかる時間も大変重要で、運びやすい状態にしてもらえるとその分お安くサービスすることができます。


便利屋七道では引っ越しシーズンに向けての不用品の処分・引っ越し後の洗濯機やテレビの取り付け・家具の移動などのご依頼を承っております。どこの業者も忙しい時期となりますので、お早目のご予約をお願いします。

不用品処理のブログはこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です