空き家の屋根の雪下ろし 除雪のご依頼は便利屋七道まで!

便利屋七道です。いつもホームページを見てくださってありがとうございます

12月中はあまり雪が降らなかった札幌も、1月に入りそれなりに雪が積もりました

朝起きてまず除雪という生活スタイルに慣れてきた家庭も多いと思います

毎日の除雪は大変ながらもなんとかこなすことができるとは思いますが、屋根の雪下ろしはそうもいきません

雪下ろしは高所作業なので慣れた人でなければ落下の危険性もありますので、道具を持っていなかったり、少しでも心配ならば素直に業者に依頼したほうがいいと思います


空き家の屋根は雪がとても多い

本日は札幌市南区澄川にて【屋根の雪下ろし】のご依頼を承りました

去年もご依頼をいただいたリピーターとなります

再び弊社へご依頼していただくというのは、その仕事っぷりが評価されているともいえるので、こういったお客様は大切にしたいですし、これからも丁寧な仕事を続けていきたいと思います

 

上の画像はこれから雪下ろしを行う屋根の上なのですが、雪が多すぎて何が何だかわかりません

こういった状態だと足を踏み外してしまったり、足をとられて転んでしまうこともあるので最初はとにかく注意が必要です

ここは緩い傾斜のある屋根なので落下防止のロープを設置してから作業に移ります

屋根の上での作業は安全帯ヘルメットが必須となりますし、ロープ設置。破損対策のコンパネの設置、屋根への道具の荷揚げなどで現場へ到着から30分くらい準備に時間がかかることもあります

雪を下ろす場所は傾斜にそって家の裏なのですが、裏は塀を境にすぐに隣家の敷地となっています

無作為に雪を下ろしてはその大部分が隣家へ落ちていってしまいます

隣の家の雪が自分の私有地へ落ちてきたらトラブルに繋がりますし、酷いときは窓ガラスを割ったり、外壁が損傷する可能性もありますので、これらに配慮した作業を心がけなければなりません

通常は傾斜のある屋根の雪下ろしの場合、滑って転んだりしないように雪を少し残して削っていくのですが、空き家の場合は雪が屋根に張り付いているため滑ってしまうことが少ないです

人が住んでいる家は室内の温度で屋根が融けやすく、とても滑りやすい状況にっています

傾斜が緩くない場合や、屋根が塗りまえて真新しい場合は雪を残しておいたりします

その日の気温、空き家かどうか、雪質、屋根の形状、屋根の傾斜などなどを色々と考慮したうえで最適な方法で雪下ろしをしていきます

今回の屋根雪は傾斜にそって下ろすのではなく、決まった場所へ捨てる必要があります

最初は簡単でしたが、ある程度進んでくると反対側の雪をわざわざ傾斜に逆らって運んで雪を捨てなければなりません

時間もかかりますし傾斜に逆らうのは体力も消耗しますが、これが最良の方法でした

2階の屋根は1時間強で全て下ろし終えることができました

途中雪庇落としもありましたが、雪庇と屋根の縁部分以外は全て指定場所へ落としました


1Fの雪下ろし

ここは1階の屋根の上です

2階の屋根に上がるにはこの1階の屋根の上に脚立を立てて登りました

まだ雪が積もっていたため雪に差し込んで安定させて登っていました

もう2階へ上がる必要がないためここも除雪します

ここはどうしても裏へ雪を捨てなければならないため、全て下ろした後に雪をこちらの敷地へ戻す雪はね作業が待っています

1階2階ともに雪を下した後はプッシャーを用いて整地しています

刃先に金属が付いているものは屋根を傷つけてしまう可能性があるので、プラスチックの物を使用しています

※傾斜の高い屋根の場合は転倒防止のためここまで薄く削りません

ここは30分程度で全てを下し終えました

雪の下ろし方は人や業者によって違いがありますが、僕の場合は下から順に雪下ろしをしています

インターネットにて雪下ろしのやり方の動画をみると、「へぇー、うちと全然違うなー」と感心したりするものです

いろんなやり方をみて勉強して、一番自分にあったやり方、今回のシチュエーションにあったやり方を選択しています

正面の屋根雪は下ろさない予定でしたが、お客様の意向で今回は下ろしました

今回も屋根に上がることができないお客様のために作業終了後に写真を撮ってビフォーアフターを見せています


雪下ろし後の後始末

雪下ろしだけでなく、落とした雪を私有地に戻してあげる作業が残っています

今回のように隣家へご迷惑をかける作業の場合は作業前に声をおかけして許可をとるようにしています

このように雪が隣家へ行かないように防雪フェンスを設置している家庭も多くいますが、日の当たりや費用の問題もあり簡単に設置はできませんよね

大量にあった雪は全て私有地へほうり投げました

上から落とした雪はかなり固いので雪はねは重労働でしたが、何とか日暮れまでに終えることができました

ここまでの作業は

屋根雪下ろしに2時間、除雪に1時間の合計3時間作業(作業員1名)となりました

終了後にお客様から飲み物等の差し入れをいただきました

本当にありがとうございます。こういった差し入れは本当にうれしいですね

除雪・雪庇落としの費用はこちら

・『除雪』1名1時間3000円+出張費

・『雪下ろし』1名1時間4000~5000円(屋根の勾配や状況により)+出張費

・『雪庇落とし』一か所8000~12000円(大規模な状況の場合は変動あり)+出張費

※除雪と屋根の雪下ろし作業は時間制となりますので積雪量や作業箇所・排雪場所によって料金が変動いたします

お問い合わせ時に詳しく状況を教えていただくようご協力下さい

※除雪関連のブログはこちら

より良いサービスをするために

弊社ではお電話・メールにてお問合せいただき、作業の打合せをいたします。行き違いがないように作業当日の訪問前に一度お電話をしてから出張させていただきます。

隣家へご迷惑になる可能性がある場合は隣人のお宅に作業をする旨ご挨拶をいたします

屋根の上はお客様は上がることができないため、本当に作業が行われたかはわかりません。お客様の不安にならないように作業前と作業後のお写真をお見せいたします

もし当日キャンセルの場合でもキャンセル料をとるようなことは致しませんので、もしご都合がつかなかった場合や、別の人に作業してもらった場合などはご相談ください

作業は夜間や早朝にも承っておりますので、お気軽にお問い合わせください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です