お部屋の片付け、比べて選ぶ

遺品整理や生前整理、ゴミ屋敷や引っ越し後の残置物・・・片付けを思い立ったらまず考えたいのが依頼先。既に付き合いのあるところに頼んだり、知り合いに紹介してもらう方法もありますが、1社で即決してしまうと見積もりなどを比較検討できないという不安もあります

見積もりは比較をすることがポイント

「価格が高いのか安いのかわからない」「サービス内容をもっとよく知りたい」・・・こうした思いは既知の中だとなかなか口に出しにくく、言われたままの内容で契約してしまいがちではないですか??

まずはインターネットを活用

片付け作業の場合、適正価格やプランの良し悪し、作業にかかる日数、作業工程、クリーニングなどの有無は複数社の案を見比べて初めて見えてくるものです。2,3社から見積もりをとって比較検討をしてから依頼先を決めるようにしましょう

昨今は片付け業者はほぼ100パーセント自社のホームページを持っています。そのホームページでの雰囲気やブログでの活動記録などを参考にすると、業者選びに失敗することは減るでしょう

紹介サイトを利用してみるのも

複数社と比較検討することに手っ取り早いのはウェブの「片付け会社紹介サイト」です。複数社の比較検討が効率的にでき信頼性も高いことから、近年利用者が増加している。

ホームページでまずは複数社をピックアップ

(ホームページはあくまで表面上のもの!綺麗なホームページが実力とは比例しません!)

電話で見積もりを依頼

(電話口で相手の雰囲気などをよく観察すること!電話先で態度が悪い企業はサービスもよくありません!)

見積もり

(担当スタッフの雰囲気をよく知りましょう!親身になって相談してくれる人が信用できる会社です!値段も大切ですが、何よりサービスがしっかりしているかが大事です!)

作業当日

(打合せ通り作業してくれるか再確認しましょう!要るものと要らないものはたくさんあるはず。営業マンから作業スタッフへ完璧には伝わり切れない場合もあります!作業前と作業後によく確認しましょう!)

お支払い

(支払い時になって「思ったより多かったので・・・」と金額を増加してくる悪徳企業も存在します!気を付けましょう!)

騙されないために

近年は需要の高まりもあって、片付け業者の数はとても増えました。そのせいもあってか、安易に参入したことによりサービスの悪い会社も多く存在します。「持っていくと約束したのに持っていかなかった」「当日になって費用の増加を言われた」「約束の日時まで終わらせてくれなかった」「土足で踏み荒らされた」「不愛想で、汚い恰好で作業していた」などトラブルがとても増えました

それだけじゃなく、中にはゴミ捨ての法を理解せず、不用品を自社トラックに積み込んで自分の会社へもっていく悪徳な企業もいます。一般的には馴染みのないことだと思いますが、

一般廃棄物収集運搬許可を持たずにゴミを回収して回ることは法律違反です

無許可で回収事業を行う企業には依頼しないこと!

手の片付け業者ですらそのルールを守ることができずに会社の利益に走ってしまう場合が多く存在するという現状もあります

これからの時代、サービスの悪い会社、法を無視している会社、対応の悪いスタッフを正せない会社はあっという間に淘汰されます。最近では不法投棄などで警察沙汰になった企業もありました。これから先、需要の増えていくサービスなだけに、健全な企業が増えていくことを願います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です