高額請求被害 便利屋に猫の捕獲を依頼→19万4400円の請求

先日ニュース番組を観ていたら便利屋による高額請求のトラブルの話をしていました。


被害に遭った人は2016年5月に、隣家の駐車場の屋根の上に世話をしていた猫が逃げ込んだため、便利屋に猫の救出を依頼。

便利屋の男性は金額を明言せず、虫捕り網だけを手に作業にかかり、猫の捕獲は失敗

その後「屋根に猫のフンがある」と自ら水洗いを提案し追加で作業をした。

1時間もせずに仕事を終えると、「野良猫対策緊急対応」「高所作業カーポート洗浄」と称して、男性の妻に対して総額19万4400円を請求した。

抗議したが、「払ってもらうまで帰らん」と大声を上げたため、近くのATMで6万円を引き出して払ったという。その後、減額できたものの10万円を追加で支払った。


 

最悪の業者ですね。女性や高齢者という弱者につけ込む卑劣な手口ですね。便利屋の風上にも置けません。

その後業者は清掃や害虫駆除など家庭のトラブル解決をうたい、高額な料金を請求したなどとして、複数名の被害者から訴えられ、料金の返還と慰謝料など計約100万円の損害賠償の全額の支払いを命じる判決を言い渡されたとのこと。

「少し高いなぁ」くらいならばよくある話ですが、屋根の洗浄で19万などという金額になるわけがありません。これはもはや詐欺師と言えます。そもそも最初の目的である猫は捕まえられてないし、酷い業者がいたものです。よく訴えられないと思ったものです。

悪いことしていた人たちにはそれ相応の罰が下るものです。

きちんとした便利屋もある中、このような悪徳業者も多くいるのは事実だと思います。
札幌市内にもたくさんの便利屋があり、僕の知っている便利屋の中だけでも「ここはいい業者」「ここは怪しい業者」「ここは良くない業者」などと思うところがあります。しかし、ホームページ上ではなかなかその見極めはできるものではありません。
今回の場合は被害防止のためにも、見積額を明確にしない業者には仕事を依頼しないことがポイントだと思います。特に不用品の処分関連は後から高額請求されるケースがあるので、金額が変わる場合は手を付ける前に必ず報告してもらうことをこちらから念を押しておくことも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です