網戸の張り替えのご依頼 便利屋七道

本日は【網戸の張り替え交換】のご依頼を承りました。便利屋さんの仕事の中では比較的ポピュラーな依頼のひとつです。

まずはゴム紐(張替えゴム)の取り外しです。網戸はこのゴム紐が溝に押し込められていることで網をピンと張っています。これを取り外すことで網戸が丸ごと取れます。

ゴム紐は劣化している場合は交換しなければならないのですが、触ってみたところゴムの弾力は問題なかったので交換はしませんでした。

ちなみにこのゴムは太さにサイズがあるため、間違ったものを購入してしまうトラブルがよくあるので、選ぶ際は注意が必要です。最近はサイズが調整できるサイズフリーの物が売られているようですね

こちらが今回張り付ける網戸です。ホームセンターで購入することができます。

虫が寄り付かないというとても良い効能のあるものです。これを使えば蚊や蛾が通常の網戸に比べて入ってこないかも??

この網戸は特殊で、表側は色が黒色。外側はシルバー色になっています。この配色にはとてもメリットがあるので、本日は依頼主と相談してこちらの網と取り付けることにしました

 

見ての通り、裏と表で白が違います。左は黒。右はシルバーとなっています。近くで見ると色が違うだけしか違いがありませんが、張り付けて並べてみると違いがわかると思います。

ちなみにこの網戸はとても丈夫にできており、ちょっとやそっとでは破けません。このお家には猫がいるというお話だったので、丈夫な素材のものをチョイスしました

サッシに合わせて網をのせ、先ほど外したゴム紐を埋め込んでいきます。ゴム紐の取り付けは素手で行うことはできず、画像のような専用の工具(網戸ローラー)が必要になります。このローラーを目地に合わせて転がすことでゴム紐が埋め込まれていきます。力加減に少しコツが必要となります。

このローラーかけがもっとも難しく、最初の1辺は簡単なのですが、2辺目、3辺目となるにしたがって網のシワができやすくなります。網を引っ張って力加減にも気を使いながら作業します。慣れていない人は生地が余ってしまったり、シワが出ていたりと仕上がりに差が出るところです

 

紐を取り付け終わったら、余った網をカッターで切り落とします。ゴム紐に合わせてギリギリのラインを通します。

ローラーに付属で小さなカッターが付いているのでこれを利用します。普通のカッターでもできるのですが、このカッターは通常よりも小さく、網をそげ落とすには最も使いやすいです。

余分な網を切り落としたら完成です。

シワなく、ピンとシッカリ張った網は丈夫で長持ちすることでしょう。一枚張り替えるのに必要な時間は約15分~20分ほどです。今回は2枚網戸を張り替えるので、同じ工程をもう一度行います。2枚の張り替えで1時間弱で完了しました

 

2枚あるので、表と裏で比べてみました。一目両全です。

黒色はまるで網が張っていないかのようにクリアです。

逆にシルバー色は向こう側が白くなっていてよく見えません。

この配色により家の中からは外がよく見え、外からは良く見えない構造となっており、プライベートが守られるというわけです。

髪の毛ほどの太さしかない網戸が裏と表で色が違う、というのはとても高い技術だと思います。一昔前はこのような技術はなかったので、本当に進歩しているのだなと感心します。

便利屋七道の網戸の張り替えサービスをご利用ください

夏に向かって気温が高くなるにしたがって部屋の空気の入れ替えのために網戸は必須と言えます。

しかし、網戸は傷つきやすく、風雨にさらされ経年劣化が激しいものです。網戸に穴が空いてしまえば虫が入ってくることもあります。

劣化した網戸は張替えが必要なのですが、自身で網戸の張り替えを行うには少し難易度が高いと思われます。

そんな時は便利屋七道へお問い合わせください!

(関連記事:網戸の張り替えサービス)

便利屋札幌 七道
メール・お電話からのお問い合わせはこちらから

便利屋七道では地元の何でも屋さんという事でお一人でも多くの方のお困り事を解決しております
法に触れたり、不適切な行為でもない限り何でも対応しております
お困りな事やお悩み事がございましたら是非お問い合わせください
各種サービスにも対応しておりますので、お気軽にご相談ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です