カビだらけの冷蔵庫【閲覧注意】

便利屋七道の松本です

先日から引越し後の残置物の撤去作業を3日間に渡って作業していました。小さなアパートでの一人暮らし程度ならばともかく、戸建住宅となると大量の不用品が出てきます。これらを全て処理するとなると、1日で作業を終えるのは非常に難しく、何日間か日にちをいただいて作業に当たります。

処理するのによく見かけるのが冷蔵庫なのですが、たまに酷い状態の物があるのです。

汚い冷蔵庫と格闘

お客様の中には時に冷蔵庫の中身をそのままで処分をお願いする人がよくいます。通常に使っていだのであれば中身は冷え冷えでゴミ袋に詰める事は難しくないのですが、まれに冷蔵庫の電源を切っていらっしゃる方がいます。(コンセントを抜いている状態)

電源の切られた冷蔵庫の中で眠っていた肉、野菜、魚、などはカビだらけになったり、汁が大量に発生。中で篭っていた分、その酷い匂いは非常に強烈で個人的には孤独死してしまった時の特殊清掃の死臭よりも酷いと思います。

開ける前から汁が垂れています。冷蔵庫はしっかりと密封するタイプなので、汁が垂れるというのはかなりの量が溢れているのが伺えます…。食事前にこの作業をするのは少し萎えます

開けてみると常温で保存された食品が大量に…。カビだらけで非常に汚いですね。狭い中でカビが大繁殖し、何かの食べ物も発酵して汁が滴り落ちています。酷い匂い…原型がなんだったのかわからないものも一部あります。電源が入っていれば多少はこのような状態を防ぐことができたのですが・・・

これは普通ならばカビが生えるものではないのですが、こんな状態です。汚い…カビは当然体に良いものではなく、作業にあたってはマスクや手袋は必須。あまり長く匂いを嗅いでいると具合が悪くなってしまうスタッフもいます。作業後は絶対に手洗いなどを行いたいと思います

なるべく早く作業を終えてゴミ袋を閉じ、冷蔵庫の扉も塞ぎたいです。扉を閉めると匂いは外にほぼ漏れません。

なんでこんなにおんなじものが入っているのでしょうね??こんなよくわからない事は日常茶飯事なので、あまり疑問を持たないようにして無心で作業を進めます。

マスクをしてもニオイは防げません。不思議なことにしばらく作業をしていると鼻の感覚が慣れて(麻痺して?)ニオイに少し耐性が付いてきます。

これはいったい何だったのでしょうか?たくさん入ってました。ニオイを嗅ぐ勇気はなかったのでかまわず捨てましたが、大量に入っていました。お酒かなにかだったのでしょうかね??

飲み物が入ったコップがそのまま入っていました。カビがびっしり。とても汚いです。こういったものはゴミ袋の中でこぼれて暴れまわるのでとても厄介です。

やっと綺麗??になりました。実はこの状態でも処分する事は出来ません。中身をある程度清掃しないとリサイクル処分する事は出来ないので、後ほど何とかします。ゴミ袋では穴があいてしまう恐れがあったため段ボールにいれて袋は2重にして運ぶようにしてあります。

黒いカビなのか汁なのか分からないものがこべりついてとても不潔ですが、実はこれもましな方なのです。酷い時はウジ虫やハエが大量に発生しています。さらに時間が経つと、ウジ虫が羽化した後の抜け殻(見た目は茶色の米粒?)が冷蔵庫にびっしりと付いており、さらに不潔な状態を見かけます。とても気持ちが悪いのですが、機会があれば投稿しようと思います。(※気持ち悪いので自己責任でお願いします)

ちなみにこの冷蔵庫はまた2014年製の比較的新しいものなのに、とってももったいないですね。こういったものは当然清掃後もカビの匂いが取れる事はなく、リサイクルショップなどに持っていっても買い取ってくれる事はありません。ましてやここまで汚いと処分屋さんに拒否されることがあります。そうならないように、せめて冷蔵庫の電源はつけたままにして業者に頼むことにしましょう

→不用品に関するブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です