引っ越しのお手伝い!引っ越し難民をお助けします!

便利屋七道の松本です。いつもホームページをご覧いただきありがとうございます。

繁忙期の引っ越しの苦労とは?

三月も後半になり、引越しシーズン真っ盛りとなりました。しかし、そんな忙しい時期にもかかわらず、最近では引っ越し屋さんのトラックやドライバーが足りなくて引越ししたくても出来ない人達が増えているようです。

※引っ越ししてくてもできない引っ越し難民とは??→

引越しを業者さんにお願いしようとしても、電話口で断られてしまうんだとか。

運良くなんとか見積もりにこぎ着けても、この忙しい時期と人手不足の影響から通常の2倍〜3倍の値段を提示される事も珍しくありません。引越し予算で10万円ほど見込んでいたのに、いざ見積もりしてもらうと30万円もの費用が必要…。(そんなに高いなら全部引越し先で新品買い揃えた方が安いのでは??と思ってしまいます)

流石に高すぎる値段にガクッと肩を落としてしまう利用者はとても多いのです。

引越し屋さんも忙しく、書き入れ時ですから仕方のない事なのかもしれませんが、悪い言い方をすれば〝足元を見られてる〟とも取れますね。遠方ならば引越し屋さんを利用せざるを得ないのですから

それでは自分で引越しをしてみてはどうか?

 

小さなものだけを自家用車や友人知人の車を使って何度も往復し運ぶことは可能ですが、やはり手間がかかります。

同じ市内ならば往復する事も難しくありませんが、遠方だとやはりトラックが必要になります。借りるトラックは積載量2トンのものが人気でレンタカー屋へ行けば通常は借りられるのですが、引越しシーズンになると実は殆どの場合既に借りられているためにレンタルする事は出来ません。一ヶ月以上前から予約しようとしても拒否される事さえ当たり前。レンタカーは一般客でなくプロである引越し屋さんが書き入れ時にだけ借りている場合がとても多いのです

なんとかトラックを借りられたとしても、2トントラックですが…運転したことありますか??目線も高いし、乗用車のような加速もブレーキも効きません

トラックはマニュアル運転の物も多くあります。オートマ限定の免許ではありませんか??マニュアルなんて値段高いし運転しないから大丈夫!とオートマ限定を取る人は近年多いです

いや、そもそも最近の若い世代は免許の改正があり、2トントラックに乗ることができない可能性が高いです(平成生まれは免許に注意!!参考ページはこちら

これはドライバーが少なっている原因の一つでもあります。

 

男手が足りない悩み

夫婦や家族での引越しとなるとソファーや冷蔵庫、洗濯機などの大型家具・家電がたくさんあると思います。そうなると必要になるのは力のある男手。大人の男性は夫や父親だけではありませんか??

大きな荷物をどうやって運ぼうか悩んでいませんか??知人友人の手を借りられればいいですが、わざわざ休みの日や仕事終わりに呼び出して手伝ってもらう…たとえお礼を渡すにしても手伝わせるのは気がひけると言うもの。

 

誰か一人でいいから男手がいればなぁ…

そんなこと思いませんか??

 

引越し屋さんには断られた。値段が高かった

手伝ってくれる友人知人もいない…

 

そんな時に頼りになるのが町の便利屋さんなのです!

 

お引越しのお手伝いを丸ごとやってもらうのはもちろんのこと、費用を抑えたいのであれば必要な場面の時だけピンポイントで助けて貰えば良いのです

・トラックは自分で手配するから運転だけお願いしたい!
・重たい大型家具だけでいいから搬入と搬出を手伝って欲しい!
・引越し予定日まで時間がない!梱包作業を手伝って欲しい!
・とにかく人手不足!1時間だけ誰か来て欲しい!

そんな時は便利屋七道へお問い合わせください。ご依頼は先着順となっておりますので、お早目のご相談をお願いします。お問い合わせはメール、又はお電話にてお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です