スズメバチの駆除(夜間の出動)害虫駆除業者七道

便利屋七道です。先日は【スズメバチの駆除(蜂の巣の撤去)】のご依頼を承りました

蜂の巣の駆除作業は基本的にはお問い合わせいただいた即日に対応をするように心がけており、

基本的には夕方から夜にかけての作業となります。

時に夜の暗くなった時間帯から駆除することもしばしば・・・

夜間の駆除作業は昼間とは状況や雰囲気に違いがあります

<夜間にも出動します

要望さえあれば夜間であろうと出張いたします

ちなみに夜であろうと夜間割増料金などは発生しないのでお気軽にお問い合わせください

夜になると比較的道がすいているのでスイスイ車が進みます

本日は札幌市手稲区のとある戸建て住宅へ

巣が作られた位置は高さ7メートルほどの場所。

軒天下ではなく外壁(サイディング)にスズメバチが巣を作ったため、猿の腰掛のように半円形をしています

暗いとなかなか蜂の種類を判別することはできませんが、やる作業は同じなので問題はありません

それよりも暗いので足元に注意、梯子の転倒に注意です

今回は動画付きとなります

基本的には単独で動いている僕にとってこういった引きの動画は珍しいですね

見てのとおり、大人しくしている蜂達を起こさないようにこちらも静かに近づきます

イメージとしては暗殺するかのようなやり方で、一連の作業はとても静かです

 

よく害虫駆除の番組で巣を叩き壊したり、蜂達を怒らせてあたり一面蜂達に囲まれてパニックになる番組がありますが、

あれは多分パフォーマンスだと思います。

駆除の達人・職人ならばあんな風にはせずとも駆除できるはずです

このように静かに、蜂達を怒らせず、迅速に駆除するのが最も優れた駆除の仕方だと思います


巣の中を覗いてみよう

前日に駆除した巣を解体してみました。

周りを覆っている膜の巣を取っ払うと六角形のコロニーが出てきます

この六角形の白い膜で覆った部分を剥がしてみると中には真っ白のスズメバチがいます。

もうすぐ成虫になるところだったサナギですね

そしてお隣にはウニウニと動いている蜂の子が・・・

前日に巣の内部に駆除スプレーをかけていたので成虫のスズメバチは死んでいますが、

不思議なことに毎回蜂の子だけは死にません。元気に動いています

そして画像ではわかりづらいですが、空の巣の中に小さな楕円形の卵も確認できます

卵・幼虫・サナギ・成虫の全てが揃っていますね


暗くなってから出動するということ

蜂の巣の駆除作業自体は暗くなった遅い時間でも作業が可能です。

お問い合わせいただければ深夜帯にでも出動することが可能です。

夜間に作業するのにはメリットとデメリットがあります

 

メリット・・・

①夜間は蜂達が全て巣に帰省しているため一網打尽にできる

→日中に活動するスズメバチは夜は全ての蜂が巣に帰ってきますので、全ての蜂を駆除することが可能です。日中の駆除の場合は巣に帰ってくる蜂達を待ち構え駆除する必要があります。それでも完璧に駆除することはなかなか難しく、既に巣がなくなったのにまだ働きバチがウロチョロしてしまうことになります。夜間だと全ての蜂を駆除できるのでそういった心配はありません

②夜間は蜂達が大人しい

→種類や駆除方法にもよりますが、駆除作業中は蜂達に襲われがちです。防護服のは完璧なものではなく、油断していれば刺されてしまうことだってあります。なるべくは蜂達に襲われたり、囲まれてしまわないように駆除することが望ましいと言えます。昼間に比べて夜はスズメバチも巣の中で大人しくしているため、蜂に刺されてしまうリスクが大幅に少なくなります

③気温が低いため、長時間の防護服の装着が可能

→気温が高ければ高いほど活発的に活動する蜂達に比べて、駆除するこちら側はそうもいきません。高い気温の中での防護服の着用は体力を必要とし、長い時間防護服を着続けることはできません。暑いことで作業を急かせてしまえばミスも誘発してしまいます。気温が涼しいほうが冷静に作業に当たることができます

デメリット・・・

❶暗いため作業がやりづらい

→暗いと蜂達も大人しいですが、こちらも周りが良く見えないため作業がやりづらいです。暗い中で二連梯子の設置、上り下り作業は昼間に比べ注意する必要があります。(ライトの点灯は必須)

❷依頼主様や近隣・隣人の方々に気を使う

→5メートルを超える高さになると二連梯子を立てかける必要があるのですが、蜂の巣の高さが高いほど梯子を伸ばさなければならず、そうなると必然的に離れた位置に梯子を立てかけなければならないのですが、そうなるとよく隣のお家の敷地内に入り込んでしまいます。その場合は声掛けをしなければならず、夜間に「蜂の駆除をしますので・・・」と急に言われると「えっ!!?」と驚きますよね。夜中に防護服姿の人が歩いていたら事情を知らない人にとってはかなり恐怖を感じると思います。声をかけは安全のためにも必要だと思います

(※依頼主様とご相談の上、不要ということであれば声掛けは致しません)


お問い合わせに関して

お問い合わせに関してメール・またはお電話にてご連絡いただいていますが、その際にお伺いすることが

❶お名前

❷ご住所

❸お電話番号

❹蜂の詳しい状況

をお聞かせいただいております。とくに重要なのが❹蜂の詳しい状況についてです

弊社ではお客様宅へ訪問する前に状況に合わせて事前に下準備を行いますので、ご連絡を頂いた際にお客様と詳しくヒアリングいたします。

①蜂の種類(スズメバチ、ミツバチ、アシナガバチなど)

②蜂の巣の大きさ(ゴルフボールサイズ~スイカサイズまで)

③蜂の巣ができた場所(軒下、床下、屋根裏、庭木の中、高所作業など)

以上のご質問にお答えいただければ、駆除にかかる正確な費用をお伝えすることができます

お客様宅を脅かす蜂をいち早く退治するためにもご協力ください

便利屋札幌 七道
Tel:090-2695-1112:(24時間対応)
メールからのお問い合わせはこちらから

便利屋七道では地元の何でも屋さんという事でお一人でも多くの方のお困り事を解決しております
法に触れたり、迷惑行為でもない限り何でも対応しております
お困りな事やお悩みの事がございましたら是非お問い合わせください
各種サービスにも対応しておりますので、お気軽にご相談ください

蜂駆除関連のブログはこちら

駆除の費用はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です