煤詰まり除去!煙突詰まりを解決します 便利屋七道

便利屋七道です

本日は小樽市にて【煙突の煤(スス)詰まりの除去】のご依頼を承りました

ボイラーやストーブというのは不着火・不完全燃焼など何らかの原因で故障してしまった場合、煙突から黒煙が出ることがあります

黒煙が上がった暖房機は本体ごと交換する場合が多く、また、黒煙が通った煙突内部は酷い煤だらけになります

暖房機本体を新しいものに交換しても、煙突のほうも綺麗にしなければ再び故障に繋がります

しかし、現状ストーブ屋さんの多くが煙突まで綺麗に掃除することはあまりありません

ステンレスの煙突は新しいものに交換することができますが、集合煙突は交換するわけにはいかないので掃除の必要があります

故障してしまい交換が必要になったストーブやボイラーは煙突も必ずチェックしなければなりません

 

天井裏の煙突

普段は戸建て住宅が多いのですが、今回はマンションの一室です

今回のご依頼はこのマンションのボイラーの交換作業をした業者様でした

ボイラーの故障で新しいものに交換したのですが、その新しいボイラーも煤だらけになって缶体(燃焼部分)交換になったらしいのです

ボイラー交換後のやり直し工事というわけです

今回は煙突内が詰まっているのではないか?という疑いから煙突掃除のために弊社が呼ばれました

 

 

このマンションは室内に設置してある給湯ボイラーから天井裏を通して集合煙突に繋がっているという構造になっています

天井を剥がすことでロックウール(保温材)で巻かれているステンレスの煙突が見えてきました

暗いのでライトを照らしながらの作業となります

 

マスカーテープで養生をする

今回は煤詰まり除去の室内作業ということで、壁紙や家具・家電にススや汚れが付かないように養生をしています

煤というのは厄介なもので、ニオイや汚れが残りやすいので非常に気を使います

ここで活躍しているのがマスカーテープという養生用テープです

ガムテープに折りたたんだビニールがついていて、手で伸ばしてあげることで手軽に養生することができます

よく塗装屋さんが使う道具ですね

これを壁紙天井からマスカーテープを床まで伸ばして汚れを防止しています

 

詰まりの状況と原因

煙突を外すと上記の画像のような状態で煤が詰まっていました

ボイラーから出てきた排気が煤のせいで行き場を失い、再びボイラー内部を煤だらけにしてしまったようです

90度エルボ部分に極端にススが溜まっていました

エルボ部分は確かにススが溜まりやすい場所になりますが、思ったより多く詰まっていました

エルボ部分は上に向かっているので、排気の流れで少しずつ溜まっていったのかもしれません

最初のボイラー故障の際に集合煙突に付着したススがいっぺんに落ちてきたとも考えられますが・・・

回収したススが上記の画像になります

エルボ部分だけでこんなに溜まっていました

しかし、これが全て煤と思いきや、半分くらいが集合煙突内部表面の被膜でした

つまりもともとこの不純物が原因で排気が滞り、故障した可能性もあるということです

少しずつ剥がれてしまったのか、それともこれも胆振地方の地震が影響して剥がれたのか・・・

最初に何が引き金となってボイラーの故障になったのかはわかりません

全ての複合的な原因で今回のトラブルになったのかもしれませんね

便利屋七道の煙突・ペチカ清掃サービス

煙突掃除のタイミングは1年に1回のお宅もあれば、3年に1回、1か月に1回など様々です

自身の使い方を考慮し、ススが溜まってきたかな??と思ったら、ぜひ弊社へお問い合わせください

近頃は遠方からのお問い合わせも増えておりますので、お気軽にご相談ください

煙突掃除の費用はこちら

煙突掃除関連のブログはこちら

便利屋札幌 七道
メール・お電話からのお問い合わせはこちらから

便利屋七道では地元の何でも屋さんという事でお一人でも多くの方のお困り事を解決しております
法に触れたり、不適切な行為でもない限り何でも対応しております
お困りな事やお悩み事がございましたら是非お問い合わせください
各種サービスにも対応しておりますので、お気軽にご相談ください

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です