蜂の巣を見つけたら??自ら駆除するのは危険行為!専門業者へ任せましょう

蜂の巣が作られやすい場所とは

蜂(スズメバチ含む)の巣はどういう場所に巣を作るのか、実際に駆除業者として作業を行ってきた経験から思うに、

もっとも作られやすい場所はダントツに

「軒下」と「庭木の中」

に巣を見かけることが多くあります。この2か所でご依頼の7割を占める割合で見かけます

軒下の場合は「見上げたらいつの間にか作られていた」とおう意見がほとんど。なかなか軒下は頻繁に見かける場所ではないので気づいた時には拳サイズになっている場合は多く見られます。しかし、場所が軒下のため蜂の行き来が少なく、比較的被害が少ないのが特徴と言えます

庭木の中の場合は「枝を剪定しようとしたら」「庭仕事をしていたら」「最近蜂の行き来をよく見かけたので、追いかけてみたら・・・」という状況で巣が発見することが多く、酷いときはハチに刺されてしまって巣に気が付いた・・・というように実際に被害に遭われてからの慌ててご依頼されたケースも多数ございます。

巣を発見した場合は庭仕事を控えるのはもちろんのこと、決して近づいてはいけません。

大きな音や動作は蜂を刺激して襲ってくる危険があります。

※もし巣を確認できなくてもかまいません。危険を侵してまで蜂の巣の場所を確認する必要はありません。「あの辺に蜂が入っていく・・・」「あそこにやたらと蜂が飛び回っている・・・」とおっしゃってくれれば、弊社で巣を探索します。

巣を発見したときはどうするべきか??

自宅敷地内に蜂の巣ができて困っている人の中には

プロの害虫駆除業者に頼らずに自分でなんとか退治をしようとチャレンジする方がいます。

この行為は大変危険です。

発見した場合はむやみに刺激しないよう、決して近づかずに、早急に害虫駆除の業者に問い合わせ、駆除してもらいましょう

自分で蜂の巣を退治するのは自殺行為!

営巣時期の蜂達は巣を守ろうとして普段よりとても攻撃的になります。

なにより蜂には毒針があり、集団で襲ってくる・・・それが重々わかっていながら、なんとか自分で駆除しようとする方がいらっしゃいます。

最近はホームセンターでも蜂駆除スプレーが市販されていたり、ネットで動画を見たり駆除業者のブログを読んだりしてめいっぱい勉強して、

「ふーん、これなら自分たちでできるかも・・・?」と安易に考えてしまうことがあります。

実際、弊社でも駆除の問い合わせの電話がきてが概算で見積もり金額を提示すると

金額が折り合わずに「高いなぁ、じゃあやめときます」「じゃあ自分で取るからいいよ」といわれることがまれにあります。

弊社では金額は相場より安いくらいですので、「高いからやめる」という言葉の真意が(他の業者にも金額を聞いてみよう・・・)ということではないと思います

もし「じゃあ自分で駆除しよう」と考えているのなら本当に危険で、僕には考えられない行動だと思います

スプレーを遠くから吹きかけて、ヤバいと思ったら素早く逃げればいい!と思っていませんか??そんな駆除方法をする業者はいません

そもそもこれから自ら駆除しようとしている蜂の種類がわかっているのでしょうか??中には非常に攻撃性の強い種類もいるのです

我々駆除業者の必需品である蜂駆除用の防護服を持っているならまだ分かるのですが、持っていない状態(防護服を着ないで)で駆除をするのはハッキリいって自殺行為になります。

蜂の生態を熟知している駆除業者ですら防護服なしでは駆除しようとしません。小さな蜂の巣が相手でも、攻撃性が弱い種類の蜂でも必ず防護服は着用します

もし蜂達に襲われて毒針に刺されてしまったら?半端な駆除をして家族や隣人に被害が及んでしまったら?責任はとれませんよね?

毎年のように蜂の被害により死亡事故が起きています。その行為を代行してもらうのは高い費用も仕方のないことなのです

大事故に繋がる行為は絶対に避け、確実に専門業者に依頼するべきです

蜂の危険性について知り、正しい対処をしましょう

ネット上の危険な行為

中にはイタズラで蜂の巣にエアガンを打ち込んではしゃいでいる動画や、シャワーホースを水をかけたりして遊んだりする過激な動画が出回っております

駆除の専門家ではない人がネット上に「自己責任です!」と逃げの言葉を添えて駆除方法を教えていたりします。

そんな情報や動画を鵜呑みにして子供が真似をしたり、駆除に失敗してしまったらどうなるでしょうか?

蜂の巣の駆除は命に係わる大変危険が付きまとう作業となります。まずは大人たちが正しい知識を得て、安易に真似するようなことは危険行為は絶対に避けなければいけません。

市販の蜂用スプレーや水圧は効くのか?

蜂のなかでも特にスズメバチは警戒心が強くこの接近した時点でスズメバチがぞろぞろ出てきて攻撃されてしまいます。

自分で駆除しようとしている方に、素朴な質問として「どうやって駆除するつもりなのか」とお聞きしますと、ほとんどの人が

❶「シャワーホースで(ストレートにして)高圧水を当てる」

❷「ホームセンターで売っている蜂駆除用スプレーを遠くからかける」

といったような答えが返ってきます。

まず❶シャワーホースで駆除する行為ですが、水圧では蜂はなかなか死ぬことはありません。(スズメバチは雨の中も平気で飛び回っております)

蜂の巣は破壊できるかもしれませんが、巣を失いパニックになった蜂達があたり一面に飛び回り、収集が付かなない事態になります。ご自身はおろか、隣人や訪問者へも被害が及ぶことになるので、全くもって危険な方法と言えます。そもそも水圧での攻撃はかなり近づかなければならず、それだけ刺される危険もあるのです。


次に❷市販の蜂用のスプレーですが、効かないことはありません。しかし、蜂の種類によっては効かないことがあります。とくによくあるのが、“※スズメバチには効きません”と書かれていることに気が付かず、無意味なスプレーをかけてしまうことがあります。この間違いは大変危険な失敗です。

そして覚えて言えてほしいのは、

蜂スプレーは一瞬で殺傷できるほどの効果はないということ。(ハエに殺虫剤をかけるのとはわけが違います)

仮に蜂の巣に向かってスプレーを噴射した場合、その瞬間に大量の蜂が飛び散り、自分に向かって攻撃してきます。蜂が絶命するまでスプレーをかけ続けるという特攻行為は無理だと思います。

特にスズメバチは出入口の穴を目掛けて直接噴射しなければならないので相当接近しなければならず、防護服を持たない素人には駆除することはできません。

(※ホームセンターで数メートル離れたところからスプレーをかけ続ける、といううたい文句のスプレーが市販されていますが、それは無駄です。いたずらに刺激してしまい、さされることでしょう)

まとめ

蜂の駆除というのは業者が行えば、一見簡単そうに見えます。

しかしそれは熟練の技があってのものであり、何か不測の事態が起きても対応できる経験があります。

ネットで得た知識とチャレンジ精神だけで駆除に挑むのは大変危険です

なにより、被害が出てからでは遅いのです。

蜂の巣の撤去、スズメバチの駆除は必ず専門の駆除業者へ相談しましょう


お問い合わせからサービス完了までの流れ

①お問い合わせ
(まずはお問い合わせください♪ご相談だけでもOKです!)
お問い合わせ時チェック項目: ハチの種類は? 巣の大きさは? 建物の種類は? 巣の位置は?

②お見積り・現地調査
(お問い合わせ内容に基づきお見積りいたします!お見積りは無料です♪)

 ③駆除作業
(熟練の技術のスタッフが施工いたしますのでご安心ください)

④ご精算

(作業終了後、現金にてお支払いとなります。※カード払い・分割払いは対応しておりません)

便利屋札幌 七道
Tel:090-2695-1112:(24時間対応)
メールからのお問い合わせはこちらから

便利屋七道では地元の何でも屋さんという事でお一人でも多くの方のお困り事を解決しております
法に触れたり、不適切な行為でもない限り何でも対応しております
お困りな事やお悩みの事がございましたら是非お問い合わせください
各種サービスにも対応しておりますので、お気軽にご相談ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です