スズメバチの駆除のご依頼 天井を剥がす!

便利屋七道です。本日は【蜂(スズメバチ)の巣の撤去】のご依頼を承りました。

最近は蜂の駆除のお問い合わせ・ご依頼が増えており、蜂のシーズン真っ盛りなのだなと実感します。

もうすぐ便利屋七道もお盆休みに入りますので、もし蜂のことでお困りの方は早めにご相談ください。

お盆休み中にお受けしたご依頼はお盆休み明け後に受けたわまりますので、ご了承ください。

 天井の隙間に入っていく・・・

 

今回は札幌市北区にお伺いしました。

一階の玄関先には雨除けの天井があるのですが、経年劣化か雨水の侵入なのか、天井板の一部がベロッと剥がれてしまっています

その隙間に蜂達が激しく行き来しています。

 

これはコガタスズメバチという種類の蜂です。

行き来している蜂の数が多いので、つまりは蜂の巣の規模がかなり大きいことを意味しています。

しかし、巣は天井裏に入ってしまっているため正確に「どこに」「どの程度の規模の」蜂の巣があるのかがわかりません

この場合は天井をひっぺがえしたり切り落として蜂の巣を見つけなければならないため、大がかりな駆除作業となります


雨の日の作業は厄介なもの

本日の天気は雨。

雨の日の駆除作業はとてもやりにくいのです。

なぜなら防護服の頭部のクリアプラスチック部分があっという間に曇っていって、前が見えなくなるからです

画像は僕の視線から撮影したものなのですが、外側は雨で濡れ、内側は曇ってしまいます

外側はタオルで拭けばいいですが、内側はさわることができませんし、防護服をマメに脱ぐわけにもいきません

こうなると駆除作業はなかなか進まず、蜂どころか巣すら見えません。

条件は最悪ですが、迅速に、かつ冷静に作業にあたります


メロンサイズの大きな蜂の巣!

天井は剥がすようにして煽るとギリギリ手が届く位置にハチの巣を発見!スプレーとノコギリを駆使して駆除と巣の撤去完了です

巣のサイズはおおよそ30センチ。4層になっており、蜂の数は100~150程。

蜂の行き来が多かったのでそこそこ大きいとは思っていましたが、予想通りでしたね

巣の内部では蜂の子がびっしり。全て羽化していけば大量の数になっていました。

8月→9月→10月と数が倍になっていきます。

玄関の真上なので、頻繁に蜂が上空を飛来してくる場所ですし、これでもまだまだ成長途中だと思うと恐怖を感じますね


剥がした天井を元に戻す

 

 

 

駆除のために煽ってめくった天井板はそのままにしておくわけにもいきません。

もともとベロンとめくれていたのですが、なるべく見た目を綺麗に戻したいと思います

そもそもなぜ蜂が巣を作ってしまうような隙間ができしてまったかというと、おそらくは屋根の防水がうまく機能しておらず

雨水が侵入してしまい木部を腐食させ剥がれてしまったのだと思われます。

一応蜂がもう巣を作らないようにビズ止めを行い隙間を埋めましたが、今後は早いうちに大工さんやリフォーム屋さんを呼んで一度しっかりと直したほうがいいと思います


お問い合わせに関して

お問い合わせに関してメール・またはお電話にてご連絡いただいていますが、その際にお伺いすることが

❶お名前

❷ご住所

❸お電話番号

❹蜂の詳しい状況

をお聞かせいただいております。とくに重要なのが❹蜂の詳しい状況についてです

弊社ではお客様宅へ訪問する前に状況に合わせて事前に下準備を行いますので、ご連絡を頂いた際にお客様と詳しくヒアリングいたします。

①蜂の種類(スズメバチ、ミツバチ、アシナガバチなど)

②蜂の巣の大きさ(ゴルフボールサイズ~スイカサイズまで)

③蜂の巣ができた場所(軒下、床下、屋根裏、庭木の中、高所作業など)

以上のご質問にお答えいただければ、駆除にかかる正確な費用をお伝えすることができます

お客様宅を脅かす蜂をいち早く退治するためにもご協力ください

便利屋札幌 七道
Tel:090-2695-1112:(24時間対応)
メールからのお問い合わせはこちらから

便利屋七道では地元の何でも屋さんという事でお一人でも多くの方のお困り事を解決しております
法に触れたり、迷惑行為でもない限り何でも対応しております
お困りな事やお悩みの事がございましたら是非お問い合わせください
各種サービスにも対応しておりますので、お気軽にご相談ください

蜂駆除関連のブログはこちら

駆除の費用はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です