札幌市内で屋根の雪下ろし業者といえば!ご依頼承ります!

屋根の雪下ろしのご依頼を承り、現場に急行しました。札幌市内でも地域によって雪の量は全く違いますね。やはり山側に近い西区(平和や盤渓など)、あいの里くらいまでの北側、南区の南側(定山渓や藤野)などは世界が変わりますね・・・

毎年留萌や岩見沢、石狩地方では豪雪のニュースが流れています。個人的には除雪という仕事はいい運動にもなり好きなので、いつかそっちのほうで出張して除雪作業をしてみたいものですね

屋根の上に積もった雪は時に数トンもの重さになることも多いのです。そんな重量が屋根にあっては家が壊れてしまうと心配する住民の方も多いはず。お家が古いとドアが閉まらなくなった!などの症状が現れる家もあるくらいです。重さで家が歪んでしまっているのですね。無落雪タイプの屋根だけでなく、傾斜屋根も例外ではありません

このようにスコップであらかじめボックス状に切れ目を入れてからママさんダンプを使用することで大幅に効率よく作業を進めることができます。スピードだけでなく、体力的にもかなり楽になりますのでお勧めの方法だと思います。単調な作業になりがちなので、体力温存はとても大事です。力をあまり必要としないので、汗をかいて体が冷えることもあまりありません。

今回の屋根はかなり緩い傾斜屋根です。通常傾斜の屋根の上での作業は転落防止のための準備をするのですが、これくらいの角度ならば安全帯や命綱を必要としません(むしろつけたら自分のロープに足を取られ危険・作業効率も低下=つまり費用も上がる)

屋根の雪下ろしは基本的には時間で費用を換算します。通常の除雪とは違って屋根に登る以上危険作業となりますので、作業代金に加え高所作業代金をいただく形となります。もちろん状況によりますが、おおむね1人で1時間から2時間で終わる場合が多いです。

作業完了後はこのように薄く雪を残すことがあります。これは雪がしばれて屋根にくっついているというのもあるのですが、主に作業員の転落防止のためです。屋根を露出させると滑りやすく、転倒の危険があるためです。他にも屋根をスコップで傷つけないためでもあります(要望があれば傷つけないように除雪することもできます)

写真でみてわかるように、屋根の上にいろんなタイプの除雪道具を持ってきています。(スコップだけで5種類以上あります)用途に応じて様々な道具を使い分けることで、効率化をより良いサービスを提供することができます。

便利屋七道では除雪・屋根の雪下ろし・雪庇落とし・氷割りなどのご依頼を承っております。札幌市内近郊でお困りの方はぜひお問い合わせください!下記までのご連絡をお待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です