北海道胆振東部地震 被災の状況

便利屋七道です。今回の地震の影響でブログの更新はおろか、仕事もままならない状況でしたが、

本日やっと電気が復旧し、ライフラインが戻りました。

日中は色々とやることがあったのですが、夜になり少し落ち着いたのでブログを再開したいと思います

地震後、一夜明けて

夜に地震に遭い、その後電気が付かないことはすぐに気が付いたのですが、

倒れたものや割れた食器の片付け以外に特に特にやることもなかったので1時間後に普通に就寝。

朝になってから事態が少しずつ把握できました。

ガス・水道は大丈夫ですが、電気がきていません

とりあえず外にでてみることに。

町の信号は止まっているので車の移動は皆譲り合いで進んでいました。

いつもは短時間で移動できる道にもとても時間がかかり、その日は予定していた仕事はキャンセルに。

テレビもつかないので、札幌市内がどうなっているのかわからない状況が続きました。

(唯一の情報は車の中のラジオだけ)

携帯電話がずっと圏外になっているので家族や知人ともなかなか連絡がとれないので、

食事の確保にマーケットやコンビニへ行くと

電気の付かないので、手打ちで会計していました。

お忙しい中お店の人たちには本当に感謝です

行列で食べ物、飲み物、電池、充電器などを中心にすでにかなり売れてしまったようで、

僅かにしか購入できませんでした。

近くの小学校が避難所になっていました。

地域によっては避難した人がたくさんいて、眠れない夜を明かした人たちでごった返したようですね

うちは電気がきてない以外は大丈夫だったので、自宅にて待機していました

夜になると真っ暗。コンビニで購入したロウソクで明かりを灯しました。

薄暗いですが、こんな時は仕方ないですね

困るのはお風呂。ガスコンロでお湯を作って省エネでお風呂に入りました

また、電気の復旧が早かった温泉(銭湯)も利用して何とか事なきを得ました

 

町中が暗い影響からか、夜空では星がとても綺麗に見えました

札幌でこんなに星が綺麗に見えることは今後なかなかないでしょうね

 

翌日は知人の会社へ支援物資の仕分け、配送の手伝いをしました。

水や食料などたくさんいただきました。本当に助かります

 

現在は北海道ほぼすべての電気が復旧しているようですね

これが真冬だったらと思うと本当に大変だったと思います

こういったことは経験がなく、今回のことで備えが大事なんだということがわかりました

まだまだ余震で油断できない状況ですので、慎重に仕事をしていきたいと思います

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です