片付け業者とは?サービスの種類と特徴や費用 お教えします!

便利屋さんや片付け業者を利用したことはありますか?

ご本人や依頼主に変わって、自宅や実家、親類や知人宅の片付けや不用品の片付けやクリーニングもしてくれるというサービスです

現在では片付け業者は道内でも数えきれないほどの企業が参入しており、企業によってサービス内容も違っており、サービスも料金もさまざまです

今回は片付けサービスの種類と特徴や料金をご紹介します


片付けサービスの種類

普段からまめに掃除やごみ捨てをしている人にとっては関係ありませんが、忙しくて掃除することができない人、掃除の仕方がわからない人、高齢になって片付けする元気がなくなってしまった人にとっては片付け業者さんやハウスクリーニング業者さんは大きな助けとなります。どのような業者さんがいるのか、サービスの内容や料金や特徴を説明していきたいと思います


不用品回収業

一般的によく耳にするのが不用品回収業者です。不用品回収業といっても近年では広い意味で使われており、片付け全般を行っている業者をさします

たまに街中を軽トラックでマイク放送しながら巡回しているところを見たことはありませんか?不用品回収業者はリサイクル負荷の不用品を処分、またはリサイクル可能なもの(紙や金属、段ボールやバッテリーなど)の引き取りを行っており、自宅まで訪問し、家財道具を運んでくれる業者も多いです


遺品整理業者

遺品整理業者とは、お亡くなりになられた方のお家やお部屋の遺品を依頼主に代わって片付けて整理してくれる業者です。

本来は遺品の片付けは残された遺族が行うのが一般的なのですが、近年は両親と遠く離れて暮らす家庭が多く、遺品整理を行うのが困難な場合が多いのです。そんな時に遺品整理業者に依頼すれば、最初の立ち合いと作業終了時の確認時のみ立ち会えばよいので、非常に役に立つサービスです。

遺品整理業者は、多くの場合遺品の中から買い取りサービスも行っており、負担費用が減額する場合が多いです。また、遺品の中でかちのある品がある場合ば買い取りサービスしてくれることもあります。

お焚き上げや魂抜きのサービスも行っている企業も多く、遺品を大切に扱ってくれます


生前整理業者

生前整理業とは、終活に向けての片付けをしたい人や、入院や施設の入居などでの事情で帰宅できるか分からない人などが依頼するサービスです。

生前整理業者の片付けサービスは依頼人がまだ亡くなっていないので、本人の口から直接要るものと要らないものを聞くことができます。遺品整理の場合は本人がいないため、大切なものの場所がわからなったり、意外な場所に貴重品を隠している場合もあります。

生前整理は本人に聞きながら片付けが行えるため、近年増え続けている片付け方法です。


ゴミ屋敷清掃業者

ゴミ屋敷清掃業者とは家の内、酷いときは外にまでゴミがあふれかえっている状態の片付けサービスをしてくれる業者です。ゴミ屋敷の場合は悪臭が漂う場合が多く、作業にあたっては近隣に迷惑が掛からないようにするのはもちろんのこと、本人のプライベートにも配慮した作業方法で片付けをしてくれます。


家事代行サービス

家事代行サービスとは、家の掃除や片付けを手伝ってくれるサービスで、近年メディアやドラマの影響もあって人気のサービスとなっております。

近年は共働きの夫婦も多く、家事に費やす時間が取れないためこのような家事代行サービスの需要があります。特に一人暮らしの家事の苦手な男性にはとても助かるサービスですね。片付けだけじゃなく、料理や洗濯なども行ってくれるところがほかのサービスとは違うところです


片付けサービスの費用

片付けサービスの料金は、各地域や自治体・業者によって料金もサービスも異なります

各業者にも得意・不得意があり、

・金属製品は高い・生ごみは高額

・マンションなど長い共用廊下や階段があり、時間がかる

・すでに袋詰めされているので時間がかからない

などなど、状況や企業によって金額がかなり差が出ます

ここでの各片付けサービスの料金相場はあくまで目安と考えましょう

片付けサービスの料金

プラン 料金
軽トラック 15,000円~300,00前後
2t箱車トラック 100,000円~150,000前後

 

部屋の広さ 料金の相場
1R 35,000〜100,000円
1DK 35,000〜130,000円
1LDK・2DK 60,000〜280,000円
2LDK・3DK 90,000〜300,000円
3LDK・4DK 150,000〜700,000円
4LDK・それ以上 170,000〜800,000円

※この金額設定はあくまで目安であり、各都道府県によって処分料金は大きく変わってきます。特に都市部は金額が倍近くなることも多く、ボッタくりでは??と思ってしまう方も多くいらっしゃいます(実際ボッタくっている業者が多いのも事実ですが・・・)

まだ営業マンが見積もりをしていない段階であり、おおよその目安が知りたい場合のみの参考金額とお考え下さい

そしてなにより大切なのは、依頼するときには、必ずサービス内容を確認しておくことです。作業前にスタッフとよく確認しあい(見積書に書いてもらうこと!)作業後に「あれ?あれも片付けてくれる約束だったのに・・・」だとか「あれは処分しなくてよかったのに!」とか、酷いときは作業後に見積金額以上の費用を請求されたなどというトラブルに遭わないように気を付けましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です