やっぱり岩見沢市の積雪は凄かった 雪下ろしの便利屋七道

便利屋七道では札幌市内を中心に活動しており、江別市や石狩市、北広島市などのお隣の地域はもちろんのこと、遠方にも出張いたしております

本日は岩見沢市にて【雪庇落とし・屋根の雪下ろし】のご依頼を承りました

 

岩見沢市まで除雪作業を行いに行くことは滅多に無いのですが、お呼びがかかればすぐに駆け付けるのが七道です

岩見沢といえば北海道の中でも豪雪地帯として有名で、家が埋まりそうなほど雪が降り毎年大変な思いをしている、、、というニュースをよく目にします

そもそもなぜ岩見沢市にたくさん雪が降るのかというと、毎年1月上旬頃に石狩湾で発生する「石狩湾(小)低気圧」の影響だと言われています。この低気圧の影響で発生した密度の濃い雪雲が、西風によって南空知になだれ込んで来たものだと思われます。その為、毎年岩見沢や石狩北部地方に大雪が降ります(たびたび石狩地方で暴風雪警報が出ているのはこのためですね)
この雪雲が発生した際に北寄りの風が吹いていれば、南空知ではなく札幌・千歳方面に大雪をもたらします

きっと岩見沢市内にもたくさんの除雪業者がいるのでしょうが、積雪が多く手が追い付かない状況なのかもしれませんね

僕自身は除雪作業は慣れておりますが、岩見沢市はまたレベルが違うだろうと思い気合を入れてお伺いしました

豪雪地方の日常 雪との闘い

岩見沢市内に到着すると大きな幹線道路とは打って変わって、住宅街は雪の影響で非常に道が狭くなっていました。車一台分の幅しか除雪されておらず、車で走っていると車はおろか人さえ逃げるスペースがありません。進むときは譲り合いが大事になりますね

本日はとても天気のいい晴れでしたので、あちこちで雪下ろしをしている住民の方をみかけました。除雪だけでなく、屋根の雪下ろしも皆積極的にやっていることに関心しました

札幌では梯子を使って屋根に上って雪下ろしをしている人というのはあまり多くありません。しかし、岩見沢市は雪下ろしを行わねば住宅が重みで壊れてしまうのか、一般人も日常的に行うようですね

現場の住宅は既に雪で埋まりかけていました。何とか玄関に入るだけの道は確保できていますが、これでは降った雪を掻き出すスペースがほとんどありません

ちなみにここは空き家ではなく住んでいる家です

今回は大量に積もった雪の影響なのか、すが漏れが起きている状態だそうです。1階の屋根の下の部屋がバケツを置かなければならないレベルだそうで、早急に対処してほしいとのこと。

すが漏れの修理・リフォーム作業を施工するためにも、まずはこの大雪をどかさなくてはいけません

1m以上の積雪!何もかも規模が大きい

本日は太陽も出ていて気温も高めです。屋根の上に乗ったら一気に落ちる危険だってあり得ます。何より雪の量が多いので、今回は雪庇を先に崩してから雪下ろしを行うことにしました

先日に大雪が降ったそうで、雪自体は比較的柔らかめだったのが幸いです。落雪が直撃しないように少し離れて削っていきました

滑る傾斜のある屋根の上の1メートル以上の雪を除雪するのはいかに転ばないかの戦いとなります。少し雪を残せば転ぶのを防止できるのですが、家の温度と気温、太陽光で屋根との接地面の雪は濡れており、雪を残しても簡単に滑ってしまいます。いっそのこと滑る床なのだというのを前提とした動きでいたほうが安全というものです

雪は全て片面側へ堆積させるので、反対側の雪を捨てるには屋根の傾斜に逆らって運ばなければならないことが苦戦しました

氷の雪庇 すが漏れの原因になるかも??

緩い傾斜屋根によくみられるのが、屋根の先端にだけ氷の塊が作られていることです。融けた雪は家の温度の影響を受けない屋根の先端に溜まりやすく、大きな氷となっていつまでも滞納します。そしてあくる日に一気に落ちて危険なことになります

氷の塊は時に数十センチにもなり、ゆっくりとせり立った傾斜に沿ってまっすぐな氷の雪庇となります。こうなるとしたから突いたくらいじゃビクともせず、屋根の上から攻めていかないと除去することはできません

この分厚い氷をどかすと一気に水が流れていくことがよく見られます。これは氷の雪庇が防波堤の役割を果たし、傾斜屋根の上でいつまでも滞納し大きな水たまりとなるからです。

この雪庇上の水たまりは時に外壁のわずかな隙間やひび割れ、屋根の板金のつなぎ目、コーキングの隙間に侵入し、雨漏りを起こすことがあります

また、水というのは凍る際に体積が膨張します。僅かな隙間に入った雪解け水が再び凍り、増えた体積分ヒビ割れの隙間をより大きくします

そしてさらに雨漏り・すが漏れが進行していきます

今回のお家もこのパターンで雨漏りをしている可能性は十分にあります

今回は室内の雨漏りを何とかしたいということだったので、可能な限り雪をおろしました

最後は柔らかいプラスチックのスコップを使用したので屋根には傷つけていません

わずかに残った雪もあとは日中の温度で勝手にとけて流れていくはずです

落とした氷の塊も家の敷地内に投げました

既に1階は埋まりつつありますが、これが毎年のことだと思うと本当にすごいところで生活しているのだなぁと思いました。岩見沢市民は立派な除雪のスペシャリストかもしれませんね

除雪・雪庇落としの費用はこちら

・『除雪』1名1時間3000円+出張費

・『屋根の雪下ろし』1名1時間4000~5000円(屋根の勾配や状況により)+出張費

・『雪庇落とし』一か所8000~12,000円(大規模な状況の場合は変動あり)+出張費
(雪庇+雪下ろしの場合は雪庇費用は6000~10,000円となります)

※除雪と屋根の雪下ろし作業は時間制となりますので積雪量や作業箇所・排雪場所によって料金が変動いたします

お問い合わせ時に詳しく状況を教えていただくようご協力下さい

※除雪関連のブログはこちら

より良いサービスをするために

便利屋七道ではお電話・メールにてお問合せいただき、作業の打合せをいたします。

隣家へご迷惑になる可能性がある場合は隣人のお宅に作業をする旨ご挨拶をいたします

屋根の上はお客様は上がることができないため、本当に作業が行われたかはわかりません。お客様の不安にならないように作業前と作業後のお写真をお見せいたします

もし当日キャンセルの場合でもキャンセル料をとるようなことは致しませんので、もしご都合がつかなかった場合や、別の人に作業してもらった場合などはご相談ください

作業は夜間や早朝にも承っておりますので、お気軽にお問い合わせください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です